福祉住環境コーディネーターの基礎知識

福祉住環境コーディネーターとは?

福祉住環境コーディネーター2福祉住環境コーディネーターとは、高齢者や障害者に対して住みやすい住環境を提案するアドバイザーのことを言います。

【仕事内容】

  • 福祉施策や福祉・保険サービスなどの情報提供
  • 福祉用具、介護用品の選択と利用法のアドバイス
  • バリアフリー住宅の新築や建て替え、リフォームにいたるコーディネート


福祉住環境コーディネーター検定試験について

【試験日】
福祉住環境コーディネーター検定には1から3級まであり、2、3級は7月と11月というように年2回試験が実施されていますが、1級は年1回となっていますので注意が必要です。また、1級は9月に1次試験、11月に2次試験と2回の関門があります。

【試験時間】
2級と3級は同日に行われ、3級が午前2時間、2級が午後2時間となっています。また、1級は1次が午後、2次が午前[前半]と午後[後半]と2回同日に行われます。

上記は2005年度の実施に関してです。本年度の実施要綱については福祉住環境コーディネーター協会までお問い合わせください。

【試験内容】
3級:福祉と住環境の関連分野の基礎的な知識についての理解しているか

出題内容
第1分野/福祉と住環境の連携
  • 高齢社会と住環境整備
  • 福祉住環境コーディネーターの役割と活動の場
  • 社会福祉と住環境整備の考え方
  • 高齢者の心身の機能と特性
  • 高齢者介護のあり方
  • 高齢者に対する諸関連施策とサ ービス
  • 関連専門職への理解と連携
福祉住環境コーディネーター3
第2分野 /福祉住環境の整備に必要な理論と実践
  • 福祉住環境整備の進め方
  • 福祉住環境整備の基礎知識
  • 福祉住環境整備の基本技術
  • 部屋別・場所別福祉住環境整備の仕方
  • 福祉用具の活用と住環境
  • 福祉住環境整備の疾患・障害別応用技術
受験料:4,200円
合格率:45~50%

2級:3級で得た福祉と住環境の知識を実務に活かすために確実な知識を身につけているか、各専門職と連携して具体的な解決策を提案できるか

出題内容
  • 住環境整備の意義
  • 住環境における福祉の考え方
  • 福祉住環境コーディネーターの役割と機能
  • 住環境整備関連職への理解と連携
  • 福祉住環境整備相談の受け方・対応の仕方
  • 高齢者や障害者に対する住生活関連諸施策
  • 高齢者や障害者の疾患と障害特性
  • 介護と住環境整備
  • 福祉住環境コーディネーター1
  • 福祉住環境整備の実践的考え方
  • 福祉住環境整備の共通基本技術
  • 部屋別・場所別福祉住環境整備の手法
  • 福祉住環境整備実践のための住宅に必要な基礎知識
  • 福祉用具の基本性能
  • 福祉用具の具体的な活用
  • 福祉住環境コーディネート事例
受験料:6,300円
合格率:45~50%

1級:3級・2級で得た知識をもとに、新築や住宅改修の具体的なプランニングができ、さらに安全で快適なまちづくりへの参画など、幅広い活動ができるか

出題内容
  • 福祉住環境整備の必要性と福祉住環境コーディネーター1級の役割
  • 高齢者福祉の条件と高齢者ケア
  • 障害者福祉の条件と障害者ケア
  • 高齢者や障害者向け住宅と要介護者向け施設整備
  • 福祉コミュニティづくり
  • 福祉のまちづくり
  • 建築図面と伝達手段
  • 高齢者や障害者にやさしい新築住宅の基本計画と技術
  • 住環境整備の実践と事例
  • 3級・2級の全範囲
受験料:10,500円
合格率:20~25%

福祉住環境コーディネーター検定試験合格のために

福祉住環境コーディネーターになるための学習方法としてはまず、テキストによる学習方法があります。こちらは全国有名書店でも取り扱っていますが、人気のある資格のため入手できない場合もあります。その場合には、全国の商工会議所で入手できます。

また、インターネットでも購入できるので、忙しい方はそちらを利用したほうが有効に時間を活用できます。

また、通信講座を利用した勉強もペースをつかみやすいため、オススメです。

お問合せ先:福祉住環境コーディネーター通信講座事務局 TEL:03-3370-2944

しかし、何といっても一番良い方法は、専門学校に通うことです。周りにいる同じ目標を持つ仲間と切磋琢磨することでやる気もおき、実力も伸びていきます。経済的にも時間的にも可能であれば、専門学校に行くのが一番良いでしょう。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】