カロリーをコントロールして上手にダイエットを!

ダイエットとは?

ダイエットとは、健康や長寿、美容などを目的として、食事の量・カロリー・食材の種類・バランスなどをコントロールすることです。日本では痩身のために行うあらゆること(運動、生活習慣の改善など)を意味して用いられてしまっていることも多く、誤った認識のほうが一般的な認識となっています。


カロリーコントロールしてダイエットする方法

ダイエット食品による方法

ダイエット食品には、それ自体が低カロリーでカロリー過多になるのを押さえるタイプ、通常の食事前に摂取し、食事に含まれる脂肪や糖分の吸収を押さえカロリー過多になるのを押さえるタイプがあります。

運動によるカロリーコントロール

運動することにより、摂取しすぎたカロリーを消費することができます。たとえば、ウォーキングなど消費エネルギーは200~300キロカロリーに相当し、運動量としても適当です。

成人が一日に歩く目安としては1万歩といわれてます。これを達成するには30分ほど毎日歩くことが必要です。


危険なダイエット

痩せるためには、摂取するエネルギーより多くを消費することです。ただし、その過程で誤ったダイエット法をすると危険な結果が待っています。

特に怖いのは拒食症です。これは死に至ることもあります。反対は過食症で、無理な食事制限の反動で陥ってしまう病気もあります。いずれもあまり思い込みすぎるとこのような病気になってしまうこともあるので注意が必要です。

また、現在では思春期の女性に骨粗しょう症になる女性が増えており、注意が必要です。


正しいダイエット法

カロリーコントロールダイエット周期的に流行する1種類や数種類の食品だけを食べて痩せようとするダイエット法は、すぐにリバウンドするか体を壊すかのどちらかになります。また、そうならないにしても体にダメージがあるのは間違いありません。

正しいダイエット法は、必要な栄養素はきちんと摂取し、その摂取したカロリーを適度な運動でエネルギー消費するというスタイルだけです。いわゆる王道という方法ですが、これ以外に本当の意味でのダイエットはない、ということです。

また、この過程で食生活を見直すだけでもかなり効果があります。3食しっかりゆっくりとり、間食はしない、これが大切です。

摂取するカロリーをコントロールして、正しいダイエット。健康的に痩せましょう!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】