ワキガとは

ワキガはただの汗ではない

ワキガはその発生場所が脇の下にあるため、そのにおいのことを「ワキガ」と呼びます。医学的には「臭汗症」「腋臭(えきしゅう)症」と呼ぶようです。このワキガは体臭の中でも発生場所はわかっているものの、発生のメカニズムが今だはっきりしていません。

ワキガの人は汗で下着を汚してしまうことがあります。これは同じ汗でも、普通の汗とワキガになる汗では出てくる汗腺が違うためです。


二つの汗腺とワキガの関係

汗の出る汗腺は二つあります。一つはアポクリン汗腺であり、もう一つはエクリン汗腺です。

ワキガの原因、アポクリン汗

アポクリン腺の場所には以下のような特徴があります。

  • 多くは脇の下
  • 外耳道、乳首の周囲、陰部にも存在する
  • まとまって局在する
  • 有毛部に存在する

これはアポクリン汗腺がもともと異性をひきつけるフェロモンの役割をしていたことからこのような特徴があったのです。

ところが人間が進化していく過程で、このようなにおいに対する嗅覚はだんだんと退化し、視覚に訴えるものが性的な信号へとなっていきました。要するに全身のプロポーション、顔立ちなどといったものです。

その結果、アポクリン腺はだんだん退化し、現在では脇の下や外耳道などにわずかに残るのみとなったのです。それゆえ、においに関する感覚が違ってしまった現代では、その臭いはフェロモンではなく、悪臭となってしまったのです。

エクリン腺の役割

アポクリン腺が人間の進化とともに退化したのに対し、エクリン腺は発達していきました。その理由としては、人間の体毛が退化したことで寒さや熱さの体温調整が必要になったことが上げられます。

人間は常温動物であるため、常に一定の体温に保たなければなりません。その体温調整の役割をになうのがエクリン腺からの発汗なのです。この発汗は温熱発汗と呼ばれ、汗っかきの人はこの温熱発汗が盛んに行われているのです。

また、エクリン腺にはもうひとつ役割があります。これは緊張時などに発汗する精神性発汗と呼ばれるものです。これは掌、足の裏などに見られます。ただ、緊張時だけでなく常時掌や足の裏がぬれている人は「多汗症」といい、心理的・物理的な治療を要します。


日本人とワキガ体質

民族ごとにワキガ体質の比率は違います。一般的には黒人100%、欧米人70~90%、日本人10~15%、中国人3~5%と言われています。

ただし、これらの数値は一般的であり、ワキガの原因としてはどちらかというと食生活のあり方に大きな要因があると言われています。特に肉類などの高カロリー、高脂肪食は、野菜や穀物に比べて皮脂腺やアポクリン腺を刺激するため、人種よりは食生活によってワキガ体質かが決まるようです。

日本においてはこのように10人に一人くらいしかワキガ体質の人がいないため、このように問題になるのですが、欧米などのようにワキガ体質の人のほうが多い場合はそれほど悩みにならないようです。それは、日本で脇の下の多汗を「腋窩多汗症」、ワキガを「腋臭症」と医学的に区別するのに対し、欧米では「腋窩多汗症」と「腋臭症」を同義語と扱い、特別区別していないことからも伺えます。


ワキガの原因

ワキガの原因としては以下のようなものがあります。ただし、必ずしも原因となるわけではないので以下のような症状があるから絶対ワキガになると思い込まないようにしてください。

汗っかきである

汗をよくかくからといってワキガになるとは限りません。その汗がエクリン腺から出ているのであれば臭いはしないからです。ただし、多量のエクリン汗はアポクリン汗を広範囲に広げる作用をもっています。よって、汗っかきの人はそうでない人に比べるとワキガ臭を発生しやすくはなります。

多汗症である

多汗症の場合いつも汗をかいているため、その部分が蒸れて臭いの元になる場合もあります。もし、それが脇の下であればワキガ臭を発生させる原因にもなります。

ただし、多汗症であるからワキガになるというわけではありません。ワキガ体質の人は多汗症であることは多いのですが、その逆は少ないのです。ですが、多汗症とワキガが相互作用を起こす場合もあり、汗と臭いに関しては対処が必要になってきます。

欧米風の食生活である

もともと日本人は野菜や穀物中心の食事でしたが、現代は肉類を多く摂取する食生活になってきたため、ワキガになる人が増えてきています。また、乳製品や油を多く使った料理もワキガになる原因となっています。

日々ストレスを感じている

現代はストレス社会です。人間関係から環境にいたるまで様々なストレスが私たちに降りかかってきます。

このようなストレスは体のホルモンバランスを崩し、色んな症状なって体に現れてきます。ワキガの原因であるアポクリン汗腺はストレスによるホルモンバランスの乱れからも発汗が促進されます。

毛深い体質である

毛深いからワキガになるというわけではありません。しかし、アポクリン腺は有毛部に多く存在するため、毛深い人はそれだけアポクリン汗腺からの分泌物も多くなる可能性を秘めています。

また、毛深い場合、汗腺類からの分泌物も皮膚表面にとどまりやすくなります。それが臭いのモトにもなるのです。


女性のほうがワキガになりやすい理由

女性は、男性よりアポクリン汗腺の数が多く存在します。しかも、性ホルモンの影響で男性以上に活発に働いている可能性が高いようです。また、女性のほうが男性より皮下脂肪が多いことや、ケーキ・デザートのような汗腺を刺激する乳製品を好んで食べることも臭いの発生原因になっているようです。


ワキガと遺伝

ワキガの遺伝に関しては、両親ともにワキガ体質の場合80%が遺伝するといわれています。またどちらかがワキガ体質の場合も50%の確率で遺伝するようです。ただし、これはあくまでも統計上の結果であり、食生活や日常のストレスなどもワキガになってしまう原因として大きく関係しています。

また、ワキガの原因となるアポクリン汗腺は、思春期になると活動を始めます。よって、それまではワキガが遺伝しているかどうかはわからないようです。

ただし、耳垢を調べてみると、その人がワキガ体質であるかどうかがわかります。耳にはアポクリン汗腺が腋と同様に集中しているため、耳垢が湿っているようであれば、ワキガである可能性が高くなります。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2398