ワキガ手術による根本治療

ワキガ手術が最も確実

ワキガ外科手術は、ワキガ治療のもう一つの形であり根源的な治療です。ワキガの手術を受ければ、どんなに重度のワキガでも通常レベル以下に引き下げることができます。

こういわれているにも関わらず、いざワキガ手術となると躊躇してしまう人も多数います。これは

  • ワキガは体質なのだから治らない
  • 後遺症に悩まされる危険がある
  • 手術しても結局は再発する

といった誤解がまだ根強く残っていることからきているようです。

今では、30分で手術が終了し、傷跡ものこらない手術方法である[超音波治療]もあります。このワキガ手術の場合、効果は半永久的となります。いつまでも過去の誤解を引きずっている場合ではないのです。


過去のワキガ手術法

最先端のワキガ治療法である「超音波治療」の前に、過去の(とはいっても現在でも下記の治療法を行っているクリニックや整形外科もあります)ワキガ手術法について解説します。

切除法

この方法では脇毛の生えている部分に沿って皮膚を皮下組織ごと切り取ります。この方法の場合、においの原因となる汗腺を取り除くため治療としては成果があります。

ただし、腋にかなりの傷跡が残り、接合した傷口が引きつるため腕の上げ下ろしにも支障をきたすようになります。また、血管や神経を圧迫するため、むくみや運動障害などの後遺症が出る可能性もあります。

剪除法

剪除法は腋に数センチの切れ目を入れ、皮膚をひっくり返しながらアポクリン汗腺を切り取っていく方法です。切除法のように皮膚を切り取るわけではないため、術後の引きつりはなくなります。

ただし、この方法も傷が残ります。また、アポクリン腺を一つ一つ取り除くため出血も多くなります。また、この方法の場合、往々にして併発している多汗症までは治すことができないというデメリットがあります。

皮下組織掻爬法

下組織掻爬法は、腋に数センチの切込みを入れ、そこからキューレットで汗腺を掻き取る方法です。この方法の場合、上記の2つの方法と違い大きな傷跡は残らないのが特徴です。

ただし、この方法の場合小さな穴から手探りで汗腺を掻き出すため、術後の回復が遅れるというデメリットがあります。

皮下組織削除法

この方法はキューレットの代わりに専用器具を用いて行う方法です。この器具を使いこなすには技術を要しますが、熟練した技術者だとエクリン腺や皮脂腺まで取り除くことができるようになります。

ただし、この方法もあまり広い範囲を手術できないため、傷跡が多数残ってしまうというデメリットがあります。また、日帰りではなく3日ほど入院しなければならないこともデメリットの一つといえるでしょう。

皮下組織吸引法

この方法は、腋に数ミリの穴を開け、そこからカニキューレで汗腺類を掻き出しながら吸い取ってしまいます。これはもともと脂肪吸引で使われていた方法で、それをワキガ・多汗症治療に応用したものです。

この方法は小さな穴をあけるだけで切開しないため、傷跡の心配はありません。また、体への負担も少なく入院の必要もありません。よって、この方法は現在のワキガ・多汗症治療の主流となっています。

ただ、この方法でも完全に汗腺を除去するのは難しく、完全な治療とまでいかのが現状のようです。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2400