ワキガの超音波治療

ワキガを根本から治せる超音波治療

現在のワキガ手術の主流は「皮下組織吸引法」です。これは脂肪吸引の技術をワキガ・多汗症治療に応用したものですが、それでも完全に臭いを取ることができないのが現状です。

超音波治療はそのような不完全なワキガ治療を完全なものにするために開発されました。この超音波治療は超音波の力によりアポクリン腺、エクリン線、皮脂腺といったすべての分泌腺を破壊する方法です。超音波が汗腺のみを識別して破壊するため、他の組織を傷つけることがない、というのが大きな特徴です。

また、手術自体も30分ほどで終わり、入院する必要も無いため気軽に手術へと踏み切ることができます。


超音波ワキガ手術とは?

ワキガ手術はこの超音波治療の出現で大きく進歩しました。

従来の手術の場合、アポクリン腺のみを削除する場合とアポクリン腺、エクリン腺、皮脂腺をすべて削除する方法がありました。前述のアポクリン腺のみを削除する場合、臭いを完全に除去することはできませんでした。また、3つの汗腺を除去する場合でも、熟練した技術者の技量のみが頼りであるため、やはり完全な臭いの除去は難しいというのが現状でした。

これらの欠点を解決してくれたのが超音波治療でした。熟練した技術者でなくとも完全な汗腺の除去が可能になったのです。

短縮された手術時間

超音波ワキガ手術の特筆すべき特徴はその手術時間の短さにあります。他のワキガ手術の場合、切開などの作業が伴いましたが、超音波ワキガ手術はほんの数ミリの小さな穴をあけるだけで済むため、縫い合わせも1針程度ですみます。

また、手術自体は超音波が的確に汗腺を識別し破壊するため、医師の熟練度も関係ありません。それが手術の短時間化を実現しているのです。

痛みは最初の麻酔のみ

超音波ワキガ手術の場合、痛みは最初の局所麻酔のときのチクッとした痛みのみです。よって、痛みに弱い人でも気にせずに手術に望めます。

他の組織を傷つけない

超音波ワキガ手術では超音波がアポクリン腺、エクリン腺、皮脂腺を識別します。そのため、他の血管や神経などには傷をつけることがありません。また、超音波ワキガ手術の場合ほとんど出血も無いため、感染症などの心配もありません。また、他の組織に傷つけないため術後に「腕がしびれる」といった後遺症に悩まされることもありません。

手術後の回復が早い

傷口が小さく、手術時に出血が少ないことのメリットに手術後の回復の早さが上げられます。入院の必要が無いため翌日から日常の生活に戻れます。ワキガであったことを隠したい人などには好都合と言えます。

入院・通院なし

従来のワキガ手術の場合、傷口が落ち着くまでは入院したり通院したりする必要がありました。ところがこの超音波ワキガ手術の場合は術後の経過が非常に良いので、入院の必要はないようです。また、医師から言われる簡単な注意事項を守っていれば通院の必要もなくなるというのですから、患者としては時間お面でも費用の面でも非常に助かります。

脇毛を残すか残さないかを選択できる

超音波ワキガ手術の場合、毛根は残して汗腺のみを破壊するため、脇毛を残すか残さないかを選択できるようになっています。これは女性より男性にとってうれしい選択だと思います。男性の場合、基本的に脇毛の処理をしないからです。

一方、脇毛のむだ毛処理に悩んでいた女性にとってもこの選択は助かります。ワキガの手術とともに永久脱毛もできてしまうのです。


汗腺を取ることによる体温調整への影響

人間は汗をかくことで体温調整を行っています。ではそのような大切な汗腺を破壊することは人体に影響は無いのでしょうか。

超音波ワキガ治療を行うと、汗腺がなくなるためその部分から汗が出なくなります。しかし、腋の下以外には汗腺は残っています。体温調整は体全体のエクリン汗腺から行っているため、腋の下のエクリン汗腺がなくなっても何の影響もありません。


再発することはないのか

超音波ワキガ治療以外のワキガ手術を行った場合、再発する可能性はあります。これは汗腺を取り残していたことが原因となっています。もともと汗腺は非常に再生能力が高いため、原因となっているアポクリン汗腺を一掃していない限り再発してしまうのです。

ところが超音波ワキガ治療の場合は、超音波がもれなく汗腺を破壊していくので、再発する心配がなくなるのです。もし、ほんのわずかの汗腺が残っていたとしても、不快に感じるほどの臭いは発生しないといわれています。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2401