肋間神経痛の原因・症状・治療法

肋間神経痛とは

胸椎の各骨の間には椎間板という軟骨があります。その椎間板と軟骨の間にある神経が肋間神経といいます。これらの神経は肋間筋と腹壁のそれぞれの筋肉を統括し、胸腹部に分布しています。

これらの神経が何らかの圧迫を受けたりすると、肋間神経に刺激を与えます。結果、腫れやしびれや皮膚の異常などの症状が出てきます。これらを総称して肋間神経痛といいます。


肋間神経痛の原因

肋間神経痛の原因としてはいくつかの理由が考えられます。

  • 不自然な姿勢を行ったことや疲労により神経が骨や筋肉にはさまれたことが原因
  • ヘルペスウイルス等による帯状疱疹が原因
  • 背骨の歪みや肋骨の歪み、またはそれらの骨の骨折や亀裂が原因
  • 内蔵異状が原因

以上のような症状があり、痛みが伴うようでしたら肋間神経痛である可能性が高いと言えます。


肋間神経痛の症状

上記のような原因により引き起こされた肋間神経痛の症状としては、非常に強い痛みを感じるということが第一に上げられます。さらに体を動かすことによってもさらに強い痛みが走ります。また、部分的に圧迫されている場合などは、その部分を動かすことによって非常に大きな痛みを感じるということも肋間神経痛の症状の特徴です。

ヘルペスウイルス等による帯状疱疹が原因などの場合などは常にひりひりとした痛みが伴いますし、胸椎の骨折や亀裂などを伴う場合は、深呼吸をしたり咳をしたりするだけで激しい痛みを伴い、会話することも困難になるほどだったりします。

肋間神経痛の痛みの継続時間に関しては数秒から数分程度と比較的短く、繰り返し起きるというのが特徴と言えます。


肋間神経痛の治療法

病院で治療を行う場合は内科または神経内科で行われるようです。骨に異常がある場合は整形外科で治療をおこなうこともあります。肋間神経痛の治療方法としては安静保護療法、薬物療法、理学療法、鍼灸療法、神経ブロック、手術などの方法があげられます。

【安静保護治療】
痛みが激しい場合、痛みが和らぐ姿勢で安静にし、患部を温めることによって治療を行う治療法。食事に関してはビタミン類をおおく摂取し、刺激物は避けることが必要です。
【薬物療法】
薬物を服用し痛みを和らげ治療法。薬物は医師に処方してもらいます。
【理学療法】
理学療法は整形外科での治療法です。方法としては痛みが生じている場所をサポートする牽引法や痛みのある部分を固定するコルセットを利用する方法、患部を温める温熱療法などが含まれます。
【鍼灸療法】
圧痛点のある肋間にそって刺鍼し、 知熱灸をすえる治療法。医師の同意書(又は診断書)にて健康保険(療養費)治療が出来ます。
【神経ブロック】
痛みや炎症のある場所の神経のそばにその症状を緩和する薬物を注射により注入する治療方法。内服薬や点滴よりもよく効き、痛みの悪循環を断ち切る効果が望めます。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】