メタボリック シンドロームとは

メタボリック・シンドロームとは?

メタボリック・シンドロームは日本語に訳すと代謝症候群(たいしゃしょうこうぐん)といいます。内臓脂肪型肥満(内臓肥満・腹部肥満)に高血糖・高血圧・高脂血症のうち2つ以上を合併した場合は注意が必要になります。

それぞれ単独でも非常にリスクのあるのですが、メタボリック・シンドロームになると動脈硬化の発生率が高くなるので予防や治療が必要になります。特に腹部の内臓脂肪の蓄積が一番の問題であり、特に男性は「上半身型肥満=リンゴ型肥満」になった場合はメタボリック・シンドロームの一歩手前なので特に注意が必要になります。

現在では日本の男性の半数近くがその予備軍と呼ばれ、現代の代表的な生活習慣病になっています。2004年の時点で予備軍を含めると1900万人の該当者がいるといわれています。


何故メタボリック・シンドロームになるのか

メタボリック・シンドロームは生活習慣病の症状の一つです。この生活習慣病は不健康な生活習慣を続けていくうちにゆっくりと進行していきます。そのため多くは中年以降に発症します。 例としては塩分の多い食事を続けていると「高血圧」になり、脳卒中や狭心症などへとなりやすくなります。また深酒の習慣は高尿酸血症になる可能性が高くなり、痛風や肝機能障害へと進行することもあります。

このように生活習慣病は病状が発生するまで自覚症状が表れないのが特徴です。これはその一つでもあるメタボリック・シンドロームにおいても同じです。食生活の不摂生や運動不足などになれた現代人にとって仕事と運動、余暇、ストレスなどバランスの取れた生活をしてこなかったことが蓄積し、40代の男性2人に1人が予備軍という状況を作り出したといえます。


メタボリック・シンドロームの判断基準

メタボリック・シンドロームの判断基準は国により違いはあるのですが、日本動脈硬化学会、日本肥満学会、日本糖尿病学会など8学会からなる「メタボリックシンドローム診断基準検討委員会」が2005年4月8日に以下のような暫定的な診断基準を出しています。本来であれば腹部CT撮影等により内臓脂肪面積を精密に測定するべきなのですが、簡易的な判断基準としては男性は腹囲85cm以上、女性は90cm以上であれば内臓脂肪型肥満といわれています。この内臓脂肪型肥満に加えて、以下の項目から2つ以上当てはまる場合はメタボリック・シンドロームと言えます。

高血糖:空腹時血糖110mg/dL以上
高血圧:収縮時血圧130mmHg以上か拡張期血圧85mmHg以上のいずれか、又はいずれも満たす場合
高脂血症:血清中性脂肪150mg/dL以上か、血清HDLコレステロール値40mg/dL未満のいずれか、又はいずれも満たす場合


メタボリック・シンドロームの予防のためにすること

内臓に蓄積した脂肪の解消を促進する運動療法と、食事療法による摂取カロリー制限がまず基本となります。これはメタボリック・シンドローム予備軍に関わらず、中高年が健康的な老後を迎えるためにも必要なことです。また、喫煙者であれば、血管の収縮と血圧の上昇を防ぐため、禁煙努力も並行して行うべきであるといわれています。

このメタボリック・シンドロームは動脈硬化由来の疾患(狭心症、心筋梗塞、脳卒中など)に向かう可能性を秘めていますので、自分はまだまだ大丈夫だからという考えは捨てて十分に予防をする努力が必要です。

メタボリック・シンドローム予防対策項目

  • 油っぽい、甘すぎる、しょっぱいといった食事は避け、あっさりとした低カロリーの食事を心掛ける
  • アルコールの取りすぎは脂肪へと変わってしまうので、ほどほどにする
  • 通勤時に一駅分歩くなどして普段の生活で出来る運動を心掛ける
  • テレビを見ている時間など空き時間を利用して運動する
  • できれば禁煙、無理ならば節煙するように心掛ける

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】