胃潰瘍とその症状

胃潰瘍は胃の粘膜に起こった欠損が粘膜の下の筋層にまで達する(いわゆる胃に穴があく状態)病気です。


胃潰瘍の症状

胃潰瘍は食後みぞおちのあたりがいたむというのが特徴ですが、食間や夜間に痛むこともあります。また、痛みの症状に合わせて、胸焼けやげっぷ、胃もたれ、むかつきなどの症状が見られます。さらにひどくなると吐血や黒い便がでたりすることもあります。人によっては偶然発見されるなどまったく症状が場合もあります。

胃潰瘍の重要な合併症としては、出血と穿孔があり、一刻も早い専門医での治療が必要となります。出血した場合には、頻脈、冷汗、血圧低下、気分不快、吐血、下血などの症状が出現します。 穿孔の症状としては、持続性の非常に強い腹痛、圧痛、反跳痛、筋性防御、発熱などの症状が出てきます。

基本的な目安としては食後に腹痛が増悪する場合は胃潰瘍、食前に増悪する場合は十二指腸潰瘍である場合が多いとされていますが、実際にはそうであるとは限らないようです。同様の症状を生じる疾患として、機能性ディスペプシアの頻度が最も高くため、症状を感じたらまずは医師の診断を仰ぐことが必要でしょう。


胃潰瘍の原因

胃の中では、食物を消化するのに使われている胃酸やぺプチンという消化酵素を分泌しています。また、これらは酸度が強いため、胃の粘膜をいためないように粘膜を保護する粘液が分泌されています。通常はこれらはバランスよく分泌されているのですが、そのバランスが崩れることにより、胃酸やぺプチンのほうが過剰に分泌されるようになります。これが胃壁を傷つけ、胃潰瘍がおこる原因となります。

バランスを崩す原因として考えられるのは、過度のストレスや大量飲酒の習慣、香辛料のとりすぎなどが上げられます。

胃潰瘍の一部には胃癌に伴って発生する場合もあるようです(胃癌の組織が脆弱で、胃酸により消化されやすいからとされている)ものもあるようです。最初の内視鏡検査では胃癌の存在に気づかれないことが稀にあるため、胃癌との鑑別が困難な場合には生検を行い、それが胃癌に伴う胃潰瘍ではないことを確認する必要があると言われています。


胃潰瘍とその治療法

まずは胃潰瘍の原因ともなった過労やストレスを避けるよう努め、かつ安静にするようにします。 治療の基本は薬物を使って行われます。胃酸やぺプチんの分泌を抑える薬、胃酸やぺプチんの消化力を下げる薬、粘膜を保護する薬、粘膜を増加させる薬などを組み合わせて服用していきます。

もし胃の中に出血がある場合は外科的治療と内科的治療のどちらかの方法が用いられます。内科的治療としては内視鏡治療と薬物治療の方法がありますが、現在ではこのどちらかで治療が行われることが多いようです。ただし、内視鏡的に止血・コントロールできない出血に対しては外科的切除という方法をとるようです。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】