ワキガ対策をする

ワキガ対策と多汗症対策

ワキガ対策と多汗症対策には以下のようなことを心掛けることが大切です。

皮膚を清潔に保つ

ワキガは、汗腺からの分泌物と皮膚に付着している細菌とにより臭いを発生します。そのため、そのどちらかをやっつけてしまえば、臭いの発生を食い止めることができるのです。

汗腺に関する対策としては超音波ワキガ手術などの治療が必要になりますが、腋の下を清潔に保つことは比較的簡単に行うことができます。

汗をかいてもかかなくても定期的に腋の下を拭いたり、殺菌剤とうで殺菌してしまえば、軽度のワキガであれば治療しなくとも、かなりの効果を得ることができます。

ただ、この方法の場合いつも手入れしなければいけないという手間が問題になります。また、いつもいつも腋の下を拭いたり殺菌したりしていると、皮膚が炎症をおこす可能性もあります。

香水でごまかす

香水をつかってワキガを隠す方法も意外と効果はあります。これも軽度のワキガの人に有効な方法です。香水には体臭となじみ、その人独特の香りになっていくため、自分を個性的に演出することもできるからです。

ただし、それも体臭のきつい人には逆効果となりますので注意しましょう。中程度以上のワキガの人がこの方法を使うと逆にワキガ以上の悪臭となる可能性も秘めています。

手軽な制汗剤を使う

制汗剤は薬局やコンビニなどでも入手できるため非常に手軽です。また、値段も手ごろで種類も豊富にあるので、かなりの人がこの制汗剤やデオドラント製品を使用しているのではないでしょうか。

これらの総称して制汗剤・デオドラント製品といっているものは、役割としては制汗、消臭、殺菌という作用があります。

制汗では、毛細血管を収縮させることで発汗を抑えます。しかし、これらの効果はもって半日程度です。しかも欠かさず手入れすることが求めれられるのがデメリットと言えます。

消臭は、臭いを中和するものと他の臭いで覆い隠すものとに分かれます。製品としてはクリームタイプ、スプレータイプ、ローションタイプと様々ですが、いずれにしてもワキガ臭が強すぎる場合、香水のように逆効果になることもあります。

殺菌では、臭いの元凶となる細菌を殺します。これも香水と同じで、効果がある反面危険が付きまといます。

この制汗剤の特徴して、汗をかくと効果がなくなるということがいえます。よって、これらの製品は汗や臭い対策程度と考え、ワキガ・多汗症対策と考えないほうが良いでしょう。

食事療法による対策

食事とワキガ・多汗症は密接な関係にあります。確かに毎日の食事を魚や野菜中心にし、乳製品や肉類を摂取しないようにすれば体のにおいも改善されては行きます。

また、脂肪分の多い揚げ物、発汗作用を促す香辛料を多く使った辛い料理も避けるようにします。

ただし、これはワキガ・多汗症予防のためであって、対策とはなりません。今以上ひどくさせないだけで、臭いがなくなるわけではないのです。

また、成長過程の青年にとっては動物性脂肪や乳製品などは欠かせない栄養源です。臭いを気にするあまり健康を害するようでは本末転倒になってしまいます。

ストレス解消による対策

精神的なストレスもワキガや多汗症の原因となります。よって、普段からストレスをためないよう生活していくことが大切です。

ストレス解消法は人それぞれありますので、ここでは詳細はさけますが、ストレスはワキガだけではなくあらゆる病気の原因となりますので、毎日楽しくおおらかに暮らすように心掛けましょう。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2531