めまいと耳鳴り

めまいの種類

めまいは目が回るようなくらくらとした感覚の総称です。症候学的には以下の3種類に分類できます。

回転性めまい

回転性めまいとは、自分の身体または大地があたかも回転しているかのような感覚があります。激しい嘔気を感じることがあり、体のバランスを失って倒れることもあります。その原因としては、三半規管、前庭神経、脳幹の異常など前庭神経核より末梢の障害と言われています。

特に回転性めまいは、突発性難聴・メニエール病・聴神経腫瘍などの難聴の症状とともに表れる場合があります。上記のような症状と耳鳴りがする場合は、医師に相談すると良いでしょう。

浮動性めまい

浮動性めまいは、よろめくような非回転性のふらつき感のあるめまいです。回転性めまいの回復期や脳幹、小脳の異常などで生じるようです。

立ちくらみ

立ちくらみは、血の気が引き意識の遠くなる感覚のめまいです。実際に失神に至ることもあります。起立性低血圧の代表的な症状であるほか、アダムス・ストークス発作でもみられます。


めまいの原因

めまいの原因としては「内耳と前提神経(ぜんていしんけい)障害」、「脳疾患」、「全身疾患」によるものと考えられています。

「内耳」の異常に起因するめまいの場合は、難聴と耳鳴りを併発することがあります。このタイプのめまいの代表的な疾患としては「メニエール病」が上げられます。

また、脳に異常が出ているとめまいが激しくなります。その上頭痛・手足や顔面のしびれ・意識障害・視覚障害などを伴うこともあります。


めまいの治療

めまいの治療には原因となっている病気自体を特定し、その治療をします。その症状が激しい場合は入院し安静にすることが必要とされます。抗めまい剤を服用し、めまいを緩和し検査を行います。


めまいの主な検査

めまいの検査は、眼の動きを見る検査と体のバランスを確認する検査があります。

眼振(がんしん)検査

眼球が一方向に規則的に振動する動きを眼振といい、その動きにより異常を検査するのが眼振検査です。この検査で異常が現れた場合は、小脳や脳幹部に障害が起きていいる可能性があります。

直立検査

はだしになって両足をそろえしばらく立ち、目を開けた状態から目を閉じた状態に変わって体がふらつくかを検査するのが直立検査です。開眼時にふらつかず、閉眼時にふらつく場合は内耳や前庭系の異常が疑われます。開眼時も閉眼時もふらつく場合は脳の障害の可能性があります。

足踏み検査

足踏み検査では、目を閉じて両手の前に伸ばし、その場で足踏みを50回します。内耳や前庭に障害がある場合は体の向きが一方向にずれていくので解かります。脳に障害がある場合は、ふらつきがひどくなり足踏みできない状態になることもあります。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2532