難聴

難聴の種類

難聴にも種類があります。これらの難聴は耳鳴り症状を伴い、時にはめまいも伴うことがあります。

  • 外耳や中耳の病変で起きる「伝音性難聴
  • 内耳や聴神経、中枢神経の病変で起きる「感音性難聴
  • 「伝音性難聴」と「感音性難聴」が障害される「混合性難聴
  • ヒステリーなどで起きる「心因性難聴

これらの症状が起きてもすべてが難聴というわけではありません。ただ、難聴であるという可能性が非常に高いということです。それを放置しておくと症状はより悪化し、治りににくくなる可能が出てきます。早めの治療を考えたほうが良いかもしれません。


難聴が起こる原因

また、難聴が起こる原因としては、下記のことなどが上げられます。

  • 騒音環境のもとでの長時間に渡る労働
  • 交通事故等による頭部の打撲、またはむち打ち症の後遺症
  • 治療の際に投与された抗生物質による副作用
  • 耳下腺炎
  • 妊娠・出産、高血圧・更年期障害
  • エニエール病、脳腫瘍

このように耳鳴りが元で引き起こされる難聴には、突発性難聴のように一過性のもので本当は難聴でない場合もあります。難聴であるかいなかの判断は素人には難しいものがあります。難聴の症状が出ている、または難聴かなと思ったときは、一度耳鼻咽喉科などにかかり、検査をしてもらうのが良いでしょう。


突発性難聴

突発性難聴になると、今まで正常に聞こえていた音が急に聞こえが悪くなります。感じとしては耳が詰まったような感じです。場合によっては耳鳴りを併発することもあります。

突発性難聴が起こる原因は、内耳の感覚神経細胞に障害が起きるためです。原因自体の特定はできないものの、循環障害やウイルス感染、ストレス障害などが関係していると推察されています。

治療方法としては、安静にしてステロイドなどの薬物を投与します。突発性難聴になってから時間がたちすぎると手遅れになります。よって、発病したら1週間以内に耳鼻咽喉科で治療を受ける必要があります。


老人性難聴

老人性難聴とは、加齢が原因の聴覚障害のことを言います。基本的に「感音性難聴」の場合が大半です。

【感音性難聴】
内耳もしくはそれ以降の神経系に障害に起因するタイプの難聴のこと。症状が比較的軽い場合は、聞こえる音量に関してはさほど問題ないが雑音との聴き分けが出来ない、言葉が聞き取れない、間違って聞こえてしまう、多人数での会話が難しい(話の中身が聞き取れない)などの症状が見られる。

人間は聴覚細胞の減少と老化により、聴力が低下します。通常50歳を越える頃になると聴力が低下し始めます。60歳になる頃には、会話をするのに不便を感じるようになります。ただ進行の具合については個人差があり、50歳前にしてすでに難聴になる人もいれば、70、80歳になってもまったく支障なく聞こえる人もいます。

このような人にとっては補聴器をつけることで難聴からある程度不便さがなくなります。この老人性難聴と音声言語獲得後に聴力が下がったり、聴力を失った「中途失聴者」とは区別します。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】