アドセンスのクリック単価を考える(その3)

「アドセンスのクリック単価を考える」の3回目は、どうすればクリック単価の高いサイトを作れるか、についてです。


タイトルにキーワードを含める

タイトルには必ずターゲットとするキーワードを含めます。できれば、タイトルの始めのほうにあるほうがより効果的です。


説明文にもキーワードを含める

そのページの説明文は検索結果に表示され、そのページにどのようなことがかかれているかを説明する大切な文章です。この説明文にもターゲットとなるキーワードを入れます。

ポイントとしては、これもより文頭に近い部分に入れるほうがより効果があがります。


コンテンツについて再考する

まず大切なことはコンテンツである文章です。そのページがどのキーワードにマッチするか、これによって表示される広告も変わってきます。クリック単価の高いキーワードにマッチしなければいくらクリックされても収入は微々たるものです。

だからといって、マッチさせたいキーワードをやたらに入れるのも問題になります。一般的にはコンテンツに対するキーワード比率は5%と言われています。大体2、3行の文章に一回出る程度であれば問題ないでしょう。


キーワードを強調する

ターゲットとしたいキーワードは<strong></strong>タグで囲むようにしましょう。ただし、すべて強調してもいけません。ページ文頭で一回、ページ中ごろで一回、ページの最後のほうで一回というようにしてあげると、よりマッチングの効果が出ます。


文章の内容を考える

上記のことについてはよく言われていることなので知っている人もいるかもしれません。しかし、この部分は最も大事になります。

アドセンス広告はアカウントによって同じ広告でもクリック単価が変わってくる、ということを言いました。よって、文章を考えるときに以下のことを考慮に入れて文章を作らないとクリックされても収入になりません。

クリック単価を上げる文章

クリック単価を上げるためには以下のようなことを考えて文章を作りましょう。

  1. その文章を読んだ人が表示されている広告をクリックしたくなるか?
  2. 表示された広告を見てその会社の製品購入や資料請求につながるか?

特に2番目に関しては重要です。これでクリック単価がまったく違ってくるからです。

広告を見た人が購入するためには、購入したくなる動機を与えてあげる必要があるのです。それはクリックしたくなる動機にも繋がります。

では、どのような文章にすればその動機付けをしてあげれるか。それはまた次回で。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2559