肉体の彫刻、ボディービルディング

ボディービルディングとは?

ボディービルディング1ボディービルディングとは、ウェイト・トレーニングによって筋肉を増強させ、運動能力を向上させることを目標とします。

一般的には、ボディービルディング競技(コンテスト)そのものも指し、筋肉の大きさや質、バランスなどを主に競いあいます。日本では未だあまり浸透していない感があり、競技人口も多くはありません。

しかし、広義の意味においてはスポーツ選手はだれもがボディービルを実践していると言えるでしょう。どのスポーツにおいてもウェイトトレーニングは必須項目であり、筋肉を増強するという点にはついては変わらないからです。


ボディービルディングにおけるウェイト・トレーニング

ウエイトトレーニングは、バーベルやダンベルに加えて、マシンなどを使い体を鍛えるトレーニングを言います。ウエイトトレーニングには以下のような原理・原則が存在します。

  • 【漸進性過負荷の原則】 筋肉は強い負荷を与えるとそれに適応しようとします。例えば10kgのダンベルを10回上げ下げできる人が12kgのダンベルでウエイトトレーニングすると、筋肉はそれに対応し、やがて12kgを10回上げ下げできるようになります。
  • 【継続性の原則】 ウエイトトレーニングは継続しなければ効果でません。トレーニングをやめてしまうと筋肉は一気に衰えていきます。
  • 【特異性の原則】 筋肉はその動きや、実際にトレーニングした方法にあわせて成長してきます。

さらに以下のような原則もあります。

  • 【個別性の原則】 人それぞれ効果のほどが違い、同じウエイトトレーニングをしても違う結果になるため、自分にあったトレーニング方法を取り入れる必要があります。
  • 【意識性の原則】 トレーニングの効果を高めるためには、その効果が出るように筋肉を動かすよう意識的に行うことが必要です。
  • 【超回復】 超回復とは、トレーニングによる強い負荷のため一時的に衰えた筋繊維が、48時間から96時間後にはより筋力がアップして回復することを言います。

ボディービルディングの効果的を出すための方法

ボディ-ビルディングにおいて筋肉の成長を促すためには以下のようなトレーニングの方法を取り入れる必要があります。

ボディービルディング2
  • 持ち上げるときよりも下げるときに2倍の時間をかけ、より負荷を大きくするためにゆっくり動かします。
  • 上げるときに吐き、下ろすときに吸うようにし、呼吸は止めないようにします。
  • 一つ一つの動きを常にチェックしながらゆっくりと行います。

このような方法でトレーニングすると、より短期間により美しい筋肉を作り上げる事ができます。


ボディービルディングに効果的なプロテイン摂取

ボディービルディング3上記のようなウェイトトレーニングをより効果的にするには、トレーニング後の十分な休息プロテイン(たんぱく質)の摂取が不可欠です。また、植物性のプロテインを摂取することにより、脂肪の少ない筋肉の境目がはっきりとした美しい筋肉が出来ます。より効率のよい摂取方法としては、サプリメントを活用したり、プロテイン飲料を併用するなどすると良いでしょう。

ボディービルディングにおいては食事の制限もトレーニング一つです。酒などの嗜好品は摂取せず、極力ストイックに食生活を管理することで、より美しい筋肉が出来ていきます。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】