学資保険なんて必要ない?

学資保険とは?

学資保険1

学資保険とは子どもの教育費の積み立てを目的とした保険です。毎月の積み立ての結果、中学校、高校、大学の入学時にお祝いとして学資金を受け取ります。お子様が亡くなったときの死亡給付金や契約者死亡時の保険料免除などの保障がセットになっています。

こども保険と内容的には似ているのですが、こども保険が病気や怪我などの治療・入院に対しての保障を厚くしているのに対し、学資保険は主に教育のための積立金という側面が強くなっています。ただ、これは各保険会社によってもその割合が違うので、どこからが学資保険でどこからがこども保険とははっきり区別出来ないというのが現状です。


学資保険に入っていれば大丈夫?

学資保険2

学資保険に加入するかどうかは、どのようなライフ・プランをたてているかによります。

学資保険以上に資金を蓄積できる場合、学資保険は必要ありません。ただ、学資保険の場合保険料支払い免除の特典があるので、そこまで加味しての検討が必要です。

学資保険に入っていれば万全であると考えている方もいますが、学資保険はあくまでも入学準備のための資金であり、教育費全額をカバーするものではありません。その点をきちんと把握していないと、後で教育費の捻出が出来なくなるという事態を招きますので、注意が必要です。


学資保険にかかる税金

【生命保険料】
年末調整や確定申告の際に、生命保険料や個人年金保険料を対象として所得から支払った額に応じて所得税が控除されます。これを生命保険料控除といいます。この学資保険もこの控除対象になります。

【お祝い金・育英資金】
中学・高校・大学の進学時にお祝い金が出たり、契約者が死亡した場合、育英資金が出ます。
お祝い金は契約者の収入という扱いになるため、課税対象になります。
育英資金は学資保険の権利を子供が引き継ぐため、これも子供の収入という扱いになり、やはり課税対象となります。この場合気をつけなければならないのは、子供の育英資金が扶養控除の範囲を越えてしまった場合には、その子供は税制上扶養から外れてしまうということです。

【入院給付金】
入院した場合は給付金の受け取りは契約者ではなく、子供となります。所得税法では「身体の障害に基因して支払いを受けるもの」は非課税であるため、この入院給付金も非課税の扱いになります。


学資保険のタイプ

学資保険3

学資保険は生命保険会社、郵便局、共済といった団体が出しており、それぞれに特徴をもっています。また、保険のタイプは大きく分けて3つに分類することができます。

  • 【貯蓄タイプ】:教育資金の準備金としての側面を重視したもの
  • 【保障タイプ】:治療や入院の際の保障を重視したもの
  • 【共用タイプ】:上記二つをバランスよく取り入れたもの

昔は貯蓄タイプが人気があったのですが、現在は非常に低金利であることから保障タイプや共用タイプが人気があるようです。時代の流れですね。

いずれにしても生命保険会社、郵便局、共済それぞれに特徴がありますので、その特徴を比較しながらご家庭にあった保険を選ぶことが必要です。ただ忘れてはならないことは、

「あくまでも保険(=備え)である」

ということです。万能なものなどありません。石橋をたたいて渡るか、石橋だから安心といって渡るかということです。


学研教材なら【家庭学習の山研社】

子供の教育のために学習塾を選択するのも一つの方法ですが、学習塾より安くて子供の教育に役立つ学習方法があります。

ワンランク上の家庭学習教材・山研社

あの石川遼プロゴルファーも小中の6年間利用していた【月刊教材ポピー】をはじめ、施設文部省と言われている業界最大手学研が編集・発行している家庭学習教材です。

【月刊教材ポピー】のメリット

  • 教科書にピッタリ合わせて毎月お届けします。
  • 「答えと手引き」のところを見て教えると、昔と違う現代の学校の先生と同じ教え方ができます。
  • 毎月学校のテストと同じ様なテストが付いていますので、それをやっていれば学校の本番のテストで良い点が取れます。
  • 学校教材専門の会社が編集発行しているので安心して使えます。
  • 「子育て応援企画」として、もらって役に立つプレゼントつき

ワンランク上の家庭学習教材・山研社 の資料請求はこちらへ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】