結婚式の余興のネタとアイデア

結婚式での披露宴。結構堅苦しい雰囲気がありますよね。そんな堅苦しい雰囲気を和ませ、場を盛り上げてくれるのが結婚式での余興です。この結婚式での余興、頼まれるとちょっと恥ずかしかったりするものですが、あなたを友達と見込んでお願いされるのですから快く受けてあげましょう。


結婚式の余興のポイント

結婚 式 余興1 まずは結婚式の余興のポイントです。披露宴には老若男女幅広い年齢層の列席者がいます。ですから一部の人たちにだけ楽しめるような内容にせず、みんなが楽しめるような余興ネタを出し物にすることが必要です。結婚式の余興としてふさわしい歌や演奏を披露したり、ダンスなど自分の特技を生かしたものでも構いません。列席者が楽しい気分・幸せな気分になれるものであれば新郎新婦からも喜ばれます。

その一方、おすすめできない出し物は仲間内でしか解からないようなネタや、あまりに大掛かりであるものや騒々し過ぎるものです。そのような出し物は例え結婚式の余興としてのアイデアが良いものであっても、式場とトラブルになったり、思わぬ事故や不快な思いをさせてしまうこともあります。余興のネタやアイデアを考えるときは、その余興が結婚式にふさわしいものであるかよく吟味することが必要です。


余興のネタとアイデア

結婚式の披露宴で行われる余興のネタやアイデアには以下のようなものがあります。参考にして見てはいかかでしょうか?

カラオケを流しながらの歌は最も手軽な余興として人気があります。ネタとしては、二人の門出を祝う内容や同級生の結婚式であれば母校の歌などが上げられます。ただ歌を歌うだけでなく、二人のことを面白おかしく替え歌にする、などといったネタもアイデアとしては非常におもしろく、列席者も楽しい気分にしてくれます。ただ、この歌の場合は他の余興者も出し物として考えている場合もあり、同じ曲を選んでしまうこともあります。事前に司会者に確認を取っておき、同じ出し物になった場合に慌てないよう何曲か準備しておくことも大事なことです。

楽器演奏

ピアノなどでしたら結婚式場に置いてある場合が多いので、ピアノが弾ける人でしたら余興のアイデアとしては非常に良いものになります。この場合も二人の思い出の曲を弾く、明るい雰囲気の曲や穏やかな雰囲気の曲を選んで演奏することも良いアイデアと言えます。もし、他にも楽器の演奏が出来る人(ギターやフルートなど)がいたら、いっしょに演奏をするのも華やかな雰囲気を盛り上げるため喜ばれます。

クイズ

新郎新婦の馴れ初めや過去の出来事をネタにしたクイズも喜ばれます。この場合気をつけることは多少のばらしネタは笑ってもらえますが、一歩間違うと新郎新婦ばかりでなく、列席者にも不快な思いをさせてしまうことがあります。あまり下品な内容は避け、事前に新郎新婦にネタの承認をもらっておくなどの対策をしておきましょう。

スライド上映・再現ビデオ

現代の結婚式の余興として非常に人気があるのがこの「生い立ちを写したスライド上映・再現ビデオ」です。スライド上映は新郎新婦の小さい頃からのビデオや写真を見せながら二人の結ばれるまでを面白おかしく解説する余興ネタです。また、それを一歩突っ込んでもっと面白おかしくドラマ仕立てにしたのが再現ビデオですが、これはそのビデオを制作してくれる会社もありますので予算がある場合は考えてみても良いでしょう。


披露宴を余興で盛り上げるために

結婚 式 余興2 あなたの余興で結婚式を盛り上げるために、結婚式まで入念な準備をしましょう。結婚式は新郎新婦にとっての晴れの日です。例え余興であっても、列席者が本当に楽しめるようにきちんと余興を行うことは新郎新婦だけでなく、列席者に対する礼儀だからです。

もし余興として歌を披露する予定ならばうまいか下手かは関係なくできるだけしっかり練習しておく、演奏するのであれば譜面を見なくても演奏できるくらいに練習しておく、クイズをするのであれば台本を作りせりふは空で言えるように記憶しておく、など十分な準備をして望めば例え失敗したとしてもその努力は列席者・新郎新婦にしっかり伝わります。

そして、一番大事なことは恥ずかしがらないことです。結婚式の余興のネタやアイデアが素晴らしく、いくら練習してきても恥ずかしがっては折角の練習の成果が出せません。結婚式のように大勢の人の前で余興をするのですからあがったり緊張したりするのは当たり前ですが、それは他の余興の出演者も同じです。「あがって当然」と開き直って思うくらいの方がかえって練習の成果や実力を発揮できるものです。気楽にいきましょう。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】