補聴器とは

補聴器の種類

補聴器には大別して4つのタイプがあります。メガネ式補聴器、耳かけ型補聴器、耳穴型補聴器、ポケット形補聴器です。これらは聞こえの状態や自分自身の生活スタイルに合わせて選ぶ必要があります。

メガネ式補聴器

メガネ式補聴器は、メガネのつるの先端に補聴器を内蔵させたタイプの補聴器です。このタイプは最初目立ちにくいということで人気があったのですが、耳穴式の登場により、その利点も耳穴式に取って代わられた感があります。また、汗がつきやすく雑音が入りやすいというのも欠点として上げられており、現在ではあまり人気がなくなってきました。

ポケット形補聴器

ポケット型補聴器は、本体を胸のポケットに入れ、本体とイヤホンをつなぎ、そのイヤホンを耳に装着して使用します。このタイプは、本体が大きく操作がしやすいという利点がある一方、コードが衣服に触れて耳から取れたり、衣服とコードのこすれによる雑音が入りやすいなどの欠点があります。

耳かけ型補聴器

耳かけ型補聴器は、その名の通り耳に引っ掛けて使用します。後述する耳穴型補聴器に比べると安価であること、コードがない分邪魔にならない利点がある一方、汗が機械に入り込むとにより故障が起きることがあるといった欠点も併せ持っています。

耳穴型補聴器

耳穴型補聴器は、耳の穴に装着するタイプの補聴器で、現在最も需要があるタイプです。耳の穴にフィットするため聞こえがよく、自然な音で聞くことが出来ます。耳の穴にフィットするほどにより自然な音で聞こえるため、現在では、既製品よりもオーダーメイドのタイプが人気があります。


骨伝導補聴器

骨伝導は、振動する物体を頭部、頸部に接触させることで音を聞きとります。音の一部が外耳、中耳を介さずに、直接内耳に到達すると考えられています。そのため、骨伝導補聴器は、外耳、中耳に傷害のあるタイプの伝音性難聴に有効です。

【伝音性難聴】:外耳または中耳の傷害に起因する難聴

骨伝導補聴器の特徴

  • 音の振動で聞き取るため、大声を出したりしなくとも自然に会話が楽しめる
  • 鼓膜を破損している人、後天的に聴覚機能の減退した人(加齢性難聴)の方に最適
  • 会話だけでなく、テレビや電話にも使え、用途が広い
  • 軽量・コンパクトで持ち運びに便利

骨伝導補聴器の発展型

補聴器としてそのスタートをきった骨伝導ですが、現在では色んな物にその技術が応用されています。音楽用ヘッドフォンや電話の受話器などにも応用されています。その技術は更なる進化をとげ、手術によって補聴器を耳の後ろに埋め込むことによって、骨伝導補聴器のスピーカーをこめかみに当てたりといった作業そのものも不要にしてしまう技術も出てきています。


デジタル補聴器

デジタル補聴器はアナログ補聴器と違って、音を数値に置き換えてから再度音に変換します。機械的には、本体内部の演算装置が入ってきた音を数値に置き換え、それを適切な音になるよう処理します。このことによって、不要な雑音を切り捨て、必要な音声だけをより明確にして使用者の耳に届けることができるのです。この技術は、アナログ補聴器がただ音を増幅するだけの機能しかなく、雑音も含めてすべての音を大きくしていたのと比べ、数段の進歩といえるでしょう。

デジタル補聴器の特徴

細かい調整が可能

前述したように、デジタル補聴器は音を一旦数値に置き換えます。このことでただ増幅するだけのアナログ補聴器と違い、どのくらいの音の大きさ、どのような音色といったきめ細かな調節が可能になります。

自動音量調整

アナログ補聴器が音を増幅するしか機能がなかったのに対し、デジタル補聴器は自動でその音量を調整します。小さな音は良く聞こえるように大きく増幅し、大きな音はうるさすぎないように少ししか増幅しない、といったように下から上へ不快感のない範囲で、なおかつ音量の差を感じるよう自動調整をするのです。

騒音排除

デジタル補聴器は基本的に人間の音声を拾うように設計されています。しかし、実際にはそれだけを拾うことは生活に支障をきたすことになります。やかんが沸騰する音や電話のベル、外においては車のエンジン音やクラクション、電車の踏み切りの音など、これらの生活に密着した音が聞こえないとたいへんなことになってしまうからです。それが結果として、完全な騒音排除が出来なくなっている原因でもあります。

以上のような特徴があるデジタル補聴器。確かにいくつかの改良が必要な点はあるにしても、現在の状況では、金額面・利便性において最良の選択といえるでしょう。


補聴器の価格

補聴器には色んな種類があることはご案内しました。では、その補聴器の価格はいくらくらいなのでしょう?

補聴器の値段はかなりの幅があります。高性能であればあるほど高価になります。また、小さくなればなるほど高価になります。まあ、これは世の中の機械製品がそうであるように、補聴器も同じです。当然高価なほうが色んな機能もついており、細かい調整も可能になります。補聴器を購入する際は、自分のほしい機能がついているものを選ぶべきです。しかし、

「ほしい機能がついているのはいいのだけど、価格がね・・・」

ということもあると思います。ただ、そういう場合は、「長くつきあうもの」ということを考えたら、価格よりも機能を優先するべきでしょう。ちょっと安くした結果買い換えることになったのでは、本末転倒になってしまうかもしれないからです。

ただ知っておかなければならないことは、どんなに高価な補聴器でも限界があるということです。

「若かった頃のように色んな音が良く聞こえるようになるに違いない」といった幻想を抱いて購入すると、がっかりすることになります。その一方、 「補聴器をつけると、以前よりこんなに聞こえるようになった」と前向きに思える方には、補聴器の価格に関わらずきっと満足いくことでしょう。


耐用年数と故障の原因

補聴器の耐用年数

補聴器の耐用年数は大体5年を目安にすると良いでしょう。ただ丁寧に使用すれば、10年もたせることも可能です。その一方、乱暴に扱えば1,2年で壊れてしまうこともあります。補聴器は耳の中に入れているものです。耳の中は高温多湿です。この中で一日中使用するのですから、毎日のしっかりとした手入は必要不可欠になります。また、それに伴い、耳垢をこまめに取る、などといった耳自体を清潔に保つことも、補聴器の耐用年数を延ばすことに貢献します。

補聴器は、故障以外にも難聴の進行によって使用に耐えられなくなる場合も出てきます。補聴器自体は聞こえの度合いについては、ある程度の範囲にわたってカバーしていますが、それでもその範囲以上に難聴が進んでしまいますと、新しく自分にあったものを購入ということになります。

故障の原因

補聴器が故障する原因には以下のようなものがあります。

  • 湿気の多い場所での長期間にわたる使用のよる故障
  • 汗をかくことによる錆や腐食による故障
  • 耳垢が器具に詰まることによる故障
  • 落下による故障
  • 劣化による故障

以上のように、補聴器が故障する原因は様々です。耐用年数についてもいったように、補聴器自体を清潔に保つことや精密機械であるので丁寧な取り扱いをすることで、故障を防ぎ長く使用できるようになります。


補聴器の選び方

一般的に40歳をすぎると、誰でも聴力は衰え始めます。これは老齢と同じで、誰も避けて通ることは出来ません。人によっては、80歳になってもその衰えの度合いが少なく、よく聞こえる人もいます。そうでなく、難聴になってきた方がより活動的に生きていくために補聴器をつけるのです。

両耳に装着するタイプにする

補聴器自体は会話の聞き取りをサポートする器具です。装着する際は、できるだけ両耳に装着するようにしましょう。より自然にバランスよく聞こえるからです。

試聴貸し出しがあれば、それを利用する

また、補聴器の試聴貸し出ししてくれるのであれば、それを利用するのも良いでしょう。補聴器を取り付けても、元のように完璧に聞こえるわけではありません。ですから、実際に生活をしていると何処か不具合が出たり、問題が起きたりします。そんな時も試聴してから購入したのであれば、自分自身納得できるからです。

高価であれば良いというわけではない

補聴器自体は高価になるほどにその機能はよりよくなります。しかし、それが自分の用途やライフスタイルに合っているか考える必要があります。ただ高価であればよい、というのではなく、普段の自分の生活を考え、その生活にあわせた機能を持った補聴器を選ぶようにしたいものです。

小さければ良いというわけではない

大きさが小さくなるにつれても、補聴器はまた高価になります。しかし、これも自分にあっているかということを考えなければなりません。小さくなれば小さくなるほど、ツマミとかは小さくなるので、高齢の方にとっては操作性自体は悪くなるいえるでしょう。

基本的に補聴器自体は決して安いものではありません。ですから、補聴器を選ぶ際には上記の点を踏まえ、購入後に失敗したということがないようじっくり選びましょう。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/2533