香典返しの挨拶状とギフト

何時、香典返しの挨拶をすればいいの?

香典返しの挨拶香典返しの挨拶の時期には2通りあります。

  • 葬儀の当日に挨拶をし香典返しを渡す「即返し(その場返し・当日返し、とも言います)」
  • 七七日忌(四十九日)の忌明け後に挨拶状を添えて香典返しを送る

後者の場合、七七日忌まで3ヶ月ある場合は五七日(三十五日)となります。


香典返しのご挨拶状はどう書くの?

香典返しの挨拶状香典返しの挨拶状を書く場合の表書きは基本的に黄白かけ紙または白奉書黄白水引きのものを使用します。

仏式のご挨拶状には、故人の戒名(法名)の入るものと入らないものがありますが、戒名(法名)を入れる際は文字にまちがいのないよう注意が必要です。また、香典返しの場合、挨拶状ではお礼を述べるとともに三十五日(五七日)、四十九日(七七日)の法要をすませたことをご報告します。

神式の場合には基本的には仏式と同じですが、「冥福」「成仏」「供養」「回向」「追善」など仏式用語は避けることが大事なポイントとなります。

キリスト教式の場合も基本的には仏式と同じです。神式と同様仏式用語は避け、「忌」という言葉も使わずに、「急逝」「永別」「神のみもとに召され」などの言葉を使いましょう。


香典返しのギフトは何を選べばいいの?

香典返しのギフトもともと香典返しは「半返し」とも言われるように、いただいた分の半額程度のお返しをするものでした。しかし、現代では4分の3返しだったり、全額返しだったり、地域によって違ったり、亡くなった方が一家の主であるかまたその妻であるか等によっても違ったり、と様々です。はっきりしない場合や失礼のないようにしたい場合は、どんなギフトがよいか葬儀社に尋ねてみると良いでしょう。

また、香典返しの品については、砂糖、お茶、タオル、石鹸、ハンカチ など、実用的なギフトが一般的です。デパートなどでは専用のコーナーもあり、至れり尽せりのサービスが受けられますので、そちらに任せてしまうというのも良いでしょう。

現在では通販による香典返しのギフトサービスもあり、予算に合わせて利用するというのも可能になりました。通販の場合は品揃えも豊富であり、故人らしさを偲ばせる品を選ぶことが出来るため、検討してみるのも良いでしょう。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】