投資信託の基礎知識

投資信託とは?

投資信託1

投資信託は、投資家が資産運用会社に資金を預け、資産運用会社が株式や債券、金融派生商品などの金融資産や不動産などに投資し、その運用で得た利益を投資家に再分配する金融商品のことを言います。当然ですが、運用が招いた損失も投資家が負担することになります。

投資信託は、元本保証のない株式や債券などの金融商品にも投資をし個別に決算をします。よって原則として元本保証はありません。銀行などの普通預金や定期預金よりも良いリターンが期待できますが、これは相当するリスクもまたあるわけです。また、債券より株式の方がリスクは大きく、リターンも大きいと言われています。


投資信託の仕組み

基本的には受益者、委託者、受託者、の3者が当事者ということになります。

受益者

受益者は投資家のことを指します。受益者(投資家)は、受益証券を直接委託者から購入するか販売を代行する証券会社を通じて購入することで信託財産からの収益の分配にあずかる権利を取得します。

委託者

委託者は投資信託委託会社または投資顧問会社のことを指します。委託者(投資信託委託会社または投資顧問会社)は、証券を発行するとともに、受託者に信託財産の運用について指図を行ないます。

受託者

受託者は信託銀行のことでを指します。受託者(信託銀行)は、信託財産の保管・管理を行うとともに、委託者の指図に基づいて証券市場に投資を行ないます。

これが意味するのは、たとえ委託者が不利益を被っても受託者(信託銀行)は委託者の指示に基づいて運用しただけなので責任はない、ということです。


投資信託の種類

投資信託はその応募期間、運用方法、投資対象、経済分析方法によりいくつかに分けられます。

応募期間による種別

  • 【オープンファンド】
    今後の成長性が期待される企業(グロース株)への投資を行うファンドです。株価の割安性に着目し、バリュー株への投資を行うバリュー・ファンドに対比されます。
  • 【オープンファンド】
    ファンド設定後も資金の追加設定が可能な投資信託で、「オープン型投資信託」「追加型投資信託」とも言います。

運用方法による種別

  • 【アクティブファンド】
    日経平均株価などの株価指数よりも高い収益率を獲得することを目指す株式投資信託で、市場平均よりも高い値上がり益を得たい投資家に人気があります。
  • 【パッシブファンド】
    日経平均株価などの株価指数並みの収益率を獲得することを目指す株式投資信託で、信託報酬などの手数料がアクティブ運用のファンドに比べて低めというメリットがあります。

投資対象による種別

  • 【債券ファンド】
    国や地方自治体、事業会社などが資金を調達するために発行する有価証券のよるファンドです。株式に投資するファンドよりもリスクは低い傾向にあります。
  • 【株式ファンド】
    株式の組入れが可能な投資信託です。公社債投信が株式を一切含まないものなので、株式の組み入れ比率が低いファンドも株式投信に分類されています。
  • 【先物ファンド】
    投資者から集めた資金をひとつにまとめて、その資金を運用の専門家である商品投資顧問業者商品や金融の先物市場で運用し、得られた利益を還元します。
  • 【業種別ファンド】
    特定のテーマに関連した銘柄に集中投資するファンドです。株式市場でテーマとして注目されなくなると基準価額が急落するので注意が必要です。
  • 【海外ファンド】
    海外のファンドに米ドル建て、ユーロ建て、スイスフラン建てなどの外貨による運用を行うファンドです。外貨建てですから、為替変動リスクがあります。
  • 【インデックスファンド】
    平均株価指数(インデックス)とそのファンドの基準価格が同じ値動きをすることを目指す運用をする投資信託のことを言います。

経済分析方法による種別

投資信託2
  • 【ボトム・アップ・アプローチ】
    個別銘柄を一つずつ積み上げることで、資産を構築する手法。
  • 【マクロアプローチ】
    ファンドを構築する際に、最初にマクロ経済動向などの分析により資産配分を決定し、その後で、その資産配分の枠の中で組入れる個別銘柄を決定してゆく方法。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】