介護保険制度ワムネット

介護保険制度ワムネットとは?

介護保険制度ワムネットは独立行政法人福祉医療機構が運営している福祉・保険・医療の総合サイトであり、ワムネットはその情報ネットワークを指します。

ワムネットは福祉・保険・医療の各分野において国民のニーズにいち早く対応し、介護保険制度等の利用者に適切な情報を提供したり、情報の共有化を推進することを目的としています。これらの情報を提供するために情報ネットワークシステムである「WAMNET(ワムネット)」構築し、平成11年3月1日より運用を行っているとのことです。


介護保険制度について

介護保険制度の目的

介護保険制度は、介護を必要とする状態となっても、自立して生活ができるように高齢者の介護を国民で支えていこうという主旨のもとに行われています。介護認定において、「要介護」と判定された方には介護給付が、「要支援」と判定された方には予防給付が提供されます。

介護保険制度の仕組み

【運営】:40歳以上の国民が納める保険料と税金による
【運営主体(保険者)】:市町村・東京23区
【対象者】:65歳以上の方(第1号被保険者)、40歳から64歳までの方(第2号被保険者)

介護保険制度の現状

第1号被保険者数は平成12年から18年にかけて16%増加、要介護認定者数は同期間で88%と急速にその利用者は増えている、というのが現状です。

介護保険料

65歳以上の方は、市町村別に取り決められた基準額と、その所得額の違いにより決まる0.5~1.5の料率を掛け合わせたもので決まります。つまり、

65歳以上の保険料 = 市区町村ごとに定められる基準額 × 所得段階ごとの「率」

という訳です。また、40歳から64歳までの方の介護保険料は、医療保険の保険料として一括して徴収されます。


介護保険制度のサービス

介護保険によるサービスは大きく分けて、「在宅サービス」と「施設サービス」に別れます。

在宅サービス

  • 家庭訪問サービス(利用者1割負担)
  • 日帰りで通うサービス(利用者1割負担+食費)
  • 施設への短期入所サービス(利用者1割負担+食費+居住費)
  • 福祉用具住宅改修

施設サービス(1割負担+食費・居住費)

  • 介護老人福祉施設等の入所等の保険給付サービス
  • 地域密着型の老人ホーム入所等の地域密着型サービス

上記以外にも介護保険制度ワムネットには色んなサービスがあります。将来の備える意味でも、これを機会に学んでみるのも良いでしょう。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】