快気祝いとお返しのマナー

快気祝いのマナーとその時期

直った喜びと、見舞いの感謝の気持ちが表れていれば、大げさなものでなく、礼状だけでも良いというのが基本的な快気祝いのお返しのマナーです。

病気がすっかり治ったならば

床上げの祝いをこめて快気祝いのお返しをするならわしがあります。もともと病気など思いがけない不幸に見舞われてしまったのですから、出費もかさんでいるはずです。祝い事は倍返しといった習慣にはこだわらず、治った喜びと見舞ってもらった感謝の気持ちを表すことにポイントを置くことが快気祝いのマナーになります。

快気祝いのお返しの時期

快気祝いのお返しのマナー

病状によっていろいろですが、退院し、自宅療養も終わる頃が適当でしょう。会社勤めの場合は出社後、長くても一週間のうちに済ませてしまうことがお返しのマナーです。

長期にわたる病気の場合は、病人の様子を手紙で報告するといった気遣いがあれば十分です。病人がペンを取れるなら、自分で便りを書くことが返礼のマナーです。

出産のお返しの場合は、お宮参り前後を目安にすると良いでしょう。

快気祝い品選びのマナー

これについては、特に決まりはありません。紅白のセロファンに包んだ各砂糖、白麻のハンカチーフに赤いリボンをかけたものなどは、紅白というと色の取り合わせがいかにもお祝いらしい雰囲気を出してくれます。贈る相手によっては、赤ワイン、白ワインのセットなども粋な快気祝いになります。


心をこめてというのが快気祝いのお返しのマナー

最近のように複雑な病気や事故が多くなると、出費も多く生活の根底をゆすぶられる場合も少なくありません。もともと、病人を心配して見舞ってもらったのですから、その「気持ち」に対してお礼を述べるという基本方針を考えれば、品物で快気祝いのお返しをしなければならないと思う必要はないでしょう。心をこめたお礼状だけでも十分にお礼のマナーにかなっています。

以下に、快気の挨拶状の文例を記しておきます。参考にしてみてください。



 謹啓 ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

 さて、私、長らく療養生活を続けて参りましたが、○月○日、無事退院いたしました。療養中はお心遣いをいただき、まことにありがとうございました。

 おかげさまで体力のほうも回復しつつあります。医者からも体を慣らす意味でも少しずつ仕事に復帰するよう薦められており、希望に満ちた気持ちで日々を過ごしております。

 本日、快気祝いの粗品をお送りさせていただきました。心ばかりの品ではございますが、どうぞお納めください。

 お心遣いへの感謝とともに、今後ともご指導のほどよろしくお願いし申し上げます。

敬具

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】