インプラント費用も医療費控除の対象です

インプラント(人工歯根)とは?

インプラントとは、虫歯や歯周病等で、永久歯を失った人が人工の歯根を埋め込む治療のことを言います。抜けた歯が元通りのようになるのですから、物を噛む喜びを再び味わうことが出来ます。

また、形や色なども、自分の他の歯と揃えることも出来、きちんと手入すれば半永久的に治療効果が持続するというのも魅力です。

インプラントの利点

一番大きいのは、歯を失ったことで食べ物の制限や不快感が解消されることでしょう。それは、インプラント(人工歯根)がしっかりと義歯を固定してくれることで可能になっているのです。

天然の歯と見分けが付かないほどの仕上がりで、しかも手入も簡単なのも魅力です。また、普通の歯と同じようにあごに力がかかるため、あごも弱くなりません。


インプラント費用は医療費控除の対象

インプラント

では、いろんなメリットのあるインプラント。その費用は一体いくらぐらいでしょう?

インプラントの治療費用は医院によっても違いますが、一本あたり35万から80万円というのが相場のようです。確かにちょっと高いですね。この費用、保険が適応されないためにそうなるようです。

ほぼ自然な元の歯の状態に近くするために、「手術前の診断→骨の再生→インプラント挿入→人工歯製作」といった多くの工程が必要なため、このような費用がかかるようです。ただ、費用が高い分、その結果の喜びも他の治療法とは比べ物にならないほど大きいというのもまた事実です。

唯一の利点は、インプラント費用は医療費控除の対象となることでしょう。年間10万円以上の医療費がかかった場合、医療費控除の対象になりますので、一本治療しただけでも十分にその資格が出てきます。


インプラント以外の治療

歯を失った場合、インプラント以外にも以下のような治療法があります。

入れ歯による治療

  • 何本もの歯を失った場合に有効な治療です。しかもインプラントに比べ、安い治療費で済みます。ただ、噛む力が弱くなるため、硬いものを食べるときに苦労することもあります。
  • 取り外してからの手入になるため、手入が結構手間です。また、食べ物が間に挟まったりして不衛生になりがちです。
  • 回りの歯に負担がかかったり、回りの歯が虫歯になったりしやすくなります。
  • がたつきがあったりして、違和感を感じる人が多くいます。

ブリッジ

  • 入れ歯と違って固定式なので、違和感が少なくなります。また、自然な感じが入れ歯以上にあります。
  • ブリッジを支えるために、隣の歯を削らなければならず、将来的にその両隣の歯を失う可能性が出てくることもあります。
  • 入れ歯同様、隙間に汚れが溜まりやすく、不衛生になりがちです。

インプラント治療が出来ない人

インプラント治療は基本的にあごの骨がしっかりしていれば可能なのですが、それでも出来ない人が人もいます。

  • 骨粗しょう症が進んでいる人
  • 脳疾患、心臓疾患、糖尿病などの全身疾患のある人
  • 妊娠中の人
  • 口の中の清掃状態が極度に悪い人

いずれの場合も、一度医師の診断を受け、詳しく話を聞くことが大切です。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.yum-yum-life.com/mt/mt-tb.cgi/368