香典の書き方と香典相場

香典の書き方

香典に書き方2 香典で現金を贈る場合、剥き出しのまま渡すのは失礼です。香典袋(奉書紙)につつみ、水引をかけ、香典としての表書きを書いて渡すのが正式なマナーです。のしは慶事ではつけますが、弔事ではではつけません。

香典の表書きは、水引の中央部分に書きます。名前は水引の下中央に表書きよりはやや小さめに書きます。表書きと氏名は毛筆で書くのが正式な香典の書き方です。

なお、弔事の場合は薄い墨で書きます(左の例では、文字が読みやすいよう便宜的に濃い色の文字にしています)。現在では香典書き用に薄い墨の筆ペンも市販されていますので、筆書きに自信の無い場合はこちらを使うと良いでしょう。

また、香典の文字は相手が読みやすいよう楷書で書くようにします。


宗旨によって違う香典の書き方 

香典の書き方は以下のように宗旨によっても違いがあります。

仏式香典の書き方

  • 「御霊前(ごれいぜん)」・・・四十九日までつかえる香典の表書きです。浄土真宗系以外のすべての宗派に使えます。
  • 「御香料(おこうりょう)」・・・”お線香の代わりとして”の意。宗派を問わずに使えます。
  • 「御仏前」・・・四十九日以後の法要及び浄土真宗の場合に使用
  • 香典袋が蓮の絵の模様の場合は仏式

神式香典の書き方

  • 「玉串料(たまぐしりょう)」・・・神式の玉串奉奠(たまぐしほうてん)をする際の玉串代に、という忌みの香典表書きです。 
  • 「御榊料(おさかきりょう)」・・・「玉串料」と同じように使えます。
  • 「御神饌料(ごしんせんりょう)」・・・神饌とは神に供える飲食物のことを意味します。

キリスト教式香典の書き方

  • 「お花料」はカトリック、プロテスタント共通で宗派を問わず使えます。
  • 「御ミサ料」、「御霊前」はカトリック専用の香典の表書きです。
  • 一般的には水引(みずひき、香典袋を包んでいる黒白の紐)は不要です。

香典相場とその金額

香典には相場といえる目安があります。必ずしもこの金額を香典袋に包まなければならないというわけではありませんが、一応の目安として知っておくことも必要です。以下に香典の相場といえる金額を載せておきますので、一つの目安としてお考え下さい。時代や社会経済の状況によっても若干変わってきますが、多くの人はこれくらいが香典の相場と考えているようです。

送り先 香典相場金額 送り先 香典相場金額
勤務先の上司 5,000円 兄弟・姉妹 30,000円
勤務先の同僚 5,000円 おじ・おば 10,000円
勤務先の部下 5,000円 その他親類 10,000円
勤務先社員の家族 5,000円 友人・知人 5,000円
取引先関係 10,000円 隣・近所 5,000円
祖父母 10,000円 友人・知人の家族 5,000円
両親 100,000円 その他 5,000円

香典の出し方

香典の書き方 香典は故人への弔意を表すものであり、遺族にとっては葬儀の費用の一部にしてもらうという意味もあります。香典は不祝儀袋にいれ、ふくさや風呂敷で包んで持参するようにします。これは不祝儀袋を汚さないというのがその主旨であるため、ハンカチで代用しても構いません。

 香典は葬儀か通夜に持参し、受付か遺族に渡します。もし、葬儀・通夜にいけない場合は、現金書留で送ると良いでしょう。ただし、死後直後の弔問で香典を持参するのは良くありません。その場合あらかじめ用意していたかのように思われ、相手に良い印象を与えないからです。

香典袋に入れるお札は新札は避けるようにします。もし新札しか手元に無かった場合、一度折り目をつけ香典袋に入れると良いでしょう。 また、上記「香典相場とその金額」を参照にして、適切な金額を包みます。また、香典の場合は中包みをしない方が良いとされていますので、右のイラストのように香典袋の外包みの裏側に中央から右に住所を、左に名前を書きます。特に葬儀では、遺族には贈り主が誰だかわからない場合がありますので、住所を必ず書くようにするのが香典の書き方のマナーです。

ふくさによる香典の包み方

  1. ふくさのつめが左になるようにふくさをおき、香典袋を中央に置く
  2. ふくさの右側から折る
  3. ふくさの下から折る
  4. ふくさの上から折る
  5. ふくさの左から折ってつめをさしてとめる

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】