OvertureMonitor自動車保険とは?

OvertureMonitor自動車保険、聞きなれない言葉ですよね。これは日本語で言うと「自動車損害賠償保障事業」のことをいいます。


OvertureMonitor自動車保険の概要 

OvertureMonitor自動車保険とは、もし交通事故が発生し、

  • 加害者を特定できないようなひき逃げ事件
  • 加害車両が保険未加入

といった場合、被害者が自賠責保険から損害賠償を受けられないことがあります。このような場合に政府が自動車損害賠償保障法に基づいて、自賠責保険の支払基準に従い被害者に損害額を支払うというものです。

ただし、これは加害者が特定できないために政府が立て替えて損害賠償を支払っているに過ぎません。もし、加害者が判明したり加害者がわかっている場合は、その請求は国から加害者へと行きます。

このOvertureMonitor自動車保険は、損害保険会社であればどこでも取り扱っていますので、当て逃げ事故等があった場合は、一度自動車保険会社に相談すると良いでしょう。


自動車損害賠償責任保険とは

OvertureMonitor自動車保険の元となっている自動車損害賠償責任保険とは、自動車による人身事故被害者への損害賠償をするための強制保険です。この自動車損害賠償責任保険の運営には国内外の損害保険会社が保険者として運営に運営にあたっています。これは、事故の程度・車種等の区分に応じて規定の損害賠償額が受け取れる仕組となっています。

損害に対する限度額

OvertureMonitor自動車保険では、現状以下のように損害に対する限度額が決められています。 なお、基本的な対人賠償しては、

  • 交通事故で死亡、または重度の後遺症がのこった場合・・・最高4000万円まで
  • 怪我の場合・・・最高120万円まで

の保険金が支払われます。 以下はそれぞれのケースごとの支払い限度額となります。

損害の状態 損害の範囲 支払い限度額
死亡 葬儀費、逸失利益、慰謝料(本人・遺族) 3,000万円
死亡に至るまでの傷害 治療費等、休業損害、慰謝料 120万円
傷害 治療費等、休業損害、慰謝料 120万円
後遺障害 逸失利益、慰謝料等 1級4,000万円~14級75万円


保険金支払いまでの流れ

OvertureMonitor自動車保険の場合も、普通の自賠責保険の支払いと同じ流れで、以下のように支払いがなされます。

  1. 請求者による損害保険会社等への自賠責保険(共済)への請求書類提出
  2. 損害保険会社等による提出された自賠責保険(共済)の請求書類を確認後、損害保険料率算出機構の調査事務所に送付
  3. 調査事務所による故の発生状況、支払いの妥当性及び発生した損害額などを調査(慎重な判断を必要とする事案は「特定事案」として、自賠責保険(共済)審査会にて審査)
  4. 損保料率機構調査事務所は、損害保険会社等に調査結果報告
  5. 損害保険会社等は支払額を決定し、請求者に自賠責保険金を支払う

自賠責保険の特徴

OvertureMonitor自動車保険を含む自賠責保険では、その支払われるケースに対して以下のような特徴があります。

  1. 自賠責保険は人身事故のみに適応される保険で、物損事故は対象になりません。
  2. 支払い限度額は一名単位です。よって複数被害者がいても減額されることはありません。
  3. 被害者は加害者の加入している損害保険会社に直接請求できます(OvertureMonitor自動車保険適応の場合は、政府が立替え)
  4. 治療費等の出費に対して仮渡金制度があります。
  5. 被害者に重大な過失が合った場合のみに減額されます。

自賠責保険が支払われないケース

OvertureMonitor自動車保険を含む自賠責保険では、以下のよう場合は、100%被害者責任でおきた事故とみなされ、保険金は支払われません。

  1. 被害者の車両がセンターラインをオーバーして走行中に事故にあった場合
  2. 被害者の車両が信号無視をして事故にあった場合
  3. 追突した側が被害者の車両だった場合

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

【関連する記事】